学校紹介
本校は、カンボジア日本人会のもと、カンボジアの首都プノンペンにおいて平成27年(2015年)に開校した日本人学校です。日本の文部科学省から在外教育施設として認定を受けております。かつ、カンボジアの教育・青年・スポーツ省からカンボジア国教育法に基づく学校として認定を受けております。 校舎はプノンペン都センソック地区、現在プノンペン補習授業校が土曜に開校されている校舎との共用となります。日本人学校として必要な教室を備えるべく、2階建てであった校舎を、3階建てに増築しました。運動場は屋根付きの全天候型であり、体育館・講堂としても利用します。 本校は、カンボジアに在住する日本人子女または日本語での学びに支障のない外国人に対し、日本国憲法、教育基本法及び学校教育法の精神にもとづき、かつ文部科学省の定める学習指導要領を基準とし、初等及び中等普通教育を施すことを目的とします。 日本の教員資格を有する教諭によって、日本と同じ教育水準で行われます。 これに加え、国際感覚を身に付け,国際社会で活躍できる児童生徒の育成を目指してグローバル教育を実践しています。
沿革
2015年4月三浦信宏初代校長着任その他,派遣教員6名,
専任教員(現地採用教員)5名,
事務員2名在校生21名で開校(11日) 第1回入学式(22日)
2015年5月開校式
隈丸大使閣下・教育大臣・文科省視学官参列(31日)
2015年11月第1回6年生修学旅行(シェムリアップ方面)(3日〜6日)
2015年12月第1回 運動会(20日)
2016年1月第1回小学部5年生・中学部1年生
合同宿泊体験学習(キリロム方面)(21・22日)
2016年2月第1回小中合同学習発表会(7日)
2016年3月第1回卒業証書授与式(16日)
2016年4月第2回入学式(11日)
2016年9月義家文部科学副大臣視察(3日)
2016年12月文部科学省国際教育課長視察(20日)
校歌校章制定記念式典(21日)
2017年3月第2回卒業証書授与式(9日)
2017年4月第3回入学式(11日)
2018年3月第3回卒業証書授与式(8日)
2018年4月三好輝明第2代校長着任
第4回入学式(18日)
2019年3月第4回卒業証書授与式(12日)
2019年4月第5回入学式(11日)
2020年3月第5回卒業証書授与式(12日)
2021年4月オンライン授業開始(26日)
2021年10月対面式授業開始(8日)
2021年10月第7回入学式(小学部39名、中学部9名)(11日)
2022年3月第7回卒業証書授与式(11日)
2022年4月第8回入学式(小学部36名、中学部13名)(19日)
2023年3月第8回卒業証書授与式(9日)
2023年4月第9回入学式(小学部48名、中学部17名)(18日)
校舎内にあるマンゴーの木。2月に収穫します

校長挨拶

―― コロナ禍後の新プノンペン日本人学校のあり方を求めて ――
日本では、桜の開花も例年より早かったようですが、それでも南北に長い日本では、場所によっては長い期間花見を楽しむことができているようです。 さて、プノンペン日本人学校は創設から8年間、日本大使館や日本人会、日本人商工会をはじめ、たくさんの方々のご協力とご支援を得て、この3年間のコロナ禍を乗り切り再生を果たそうとしています。いや新ICT(情報通信技術)という手法を手にして以前より増して多様な教育活動を展開し始めることができています。昨年度末に実践したメタバースの世界で徳島県の小学生と一緒になって自分の分身であるアバターを介して東京で出会うという学習は、その一例であり、ほんの数年前までは想像もしていなかったような授業となりました。「日進月歩」という言葉がありますが、その進歩には想像さえも上回る進歩ぶりです。 さて、そのような中ですがこの4月には、3名の先生が新たに着任いたしました。また、小学部入学児童は7名、中学部入学生徒は6名、計13名の入学児童生徒を迎えました。また、8名の児童生徒の編入学があり、今年度は、全校児童生徒65名、教職員19名でスタートしました。この人数は本校では過去最大であり、本校への期待と受け止めております。その他にも現在、数多くの入学問い合わせをいただいており、身の引き締まる思いであります。 学校創設以来の教育目標「ともに みがき はばたく子」をメインテーマとしサブとして(知恵を磨き、心を耕し、身体を鍛え、世界に生きる)を設定し、今年度も継承していきます。学校は、楽しく学び合える場であり、人格形成の基礎を身に着ける場でもあります。児童生徒が、学んだ知識や体験を通して、より深い学びの習得ができるように、また、友達と関わることによって、学んだことを活用できる児童生徒を育んでまいります。 本年度は、特に日カンボジア友好70周年という節目の年であり、5月にはASEANのオリンピックと言われるSEAゲームがカンボジアで開催されるという絶好の機会でもあります。これらのチャンスを活かしより児童生徒の学びを広げ、深めてまいります。また、新規プノンペンプロジェクトも立ち上げ、より充実し活性化した教育を展開予定であります。これら具体的には、学校だより、お知らせ、新しくなったホームページ、Facebookで発信してまいります。 教職員一同、児童生徒はもとより、保護者をはじめとする地域の皆様のご期待・要望によりいっそう応えられるよう、全身全力で努めてまいります。皆様のご理解・ご協力・ご支援を引き続きよろしくお願い申し上げます。
 校長  村上 洋司

2023年度学校経営案

1日のスケジュール
年間行事予定
学校施設
学校だより
プノンペン日本人学校 生徒数推移表
2015年度 26人
2016年度 46人
2017年度 60人
2018年度 53人
2019年度 47人
2020年度 38人
2021年度 42人
2022年度 49人
*数値は年度当初のもの

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.